2020年3月10日 21:30

中野さんのアトリエへ

お客様と一緒に、中野さんのアトリエへお邪魔してきました。

京都嵐山文華館で見られた方もいはりましたが、今回は目前、ホントに作品が目の前にあります。
誰かが声を出すまで、全員が息を殺して作品に見入っていました。


私としては、最初に制作させてもらった帯の元になった作品『蝶々(が渦を巻いている図)』を見ながら、
今だったらどう作るだろうな?と答え合わせのように見入っていました。

スクリーンショット 2020-03-10 18.01.08.jpg
(でも、今作ったからといって、あの時よりもうまい具合に作れる可能性は少ないかも・・・。
 それだけモノづくりのタイミングは難しいです。)


そして、今制作している『サイ図』。
以前見た時の印象を帯に表現したつもりでしたが、
実際の作品よりも帯の方は少し優しくなりそうな印象を受けています。

IMG_3763.jpeg

まだ帯は途中なので、ここで軌道修正をするか、
このまま着物とコーディネートすることを考えて、さらに優しげな雰囲気を足してしまうのか、
完成までもう少しありますので、悩みたいと思います。


とにかく作品に圧倒されながら、次のモノづくりへ力を頂いた一日でした。

<<前の記事   次の記事>>

検索

LINE@はじめました
友だち追加

最近の投稿

  • 2022年11月 8日 12:29
    とにかく積み重ねています
    陶芸家林侑子さんとコラボで制作する紅村帯。 陶芸家 林侑子さ…
  • 2022年11月 5日 13:53
    白総紗/千鳥 #1
    『千鳥/白総紗』の新しい仕上がり 白総紗は、総紗縫を着物の白…
  • 2022年10月31日 18:00
    自分の羽織に一枚
    『角つなぎ文様の御召』 今、手元にある自分の着物を見てみると…
  • 2022年10月28日 12:11
    これは経験なのかな?
    『できると思いますよ。』とあまり疑問に思わず、ある意味安請…
  • 2022年10月27日 17:24
    お手伝い
    当たり前のことかもしれない、ということで、今手伝っているモノ…
五代目日記 一冊目