2019年9月13日 21:30

織りと染め実験/泥沼予定

織と染め実験。

最近のとなみ織物では、帯の上に刺繍を施す等の織物に+したモノづくりが増えてきました。
今は、刺繍がほとんどですが、染めとも何かできないか?そんな模索をしています。
簡単に、織物と染物を融合させるといっても、程度の差はあります。単に帯の上に染めで上にのせる。もちろん、通常の生地よりも面白い、または見慣れないモノができるので、それも面白いと思います。

でも、それは誰が行っても(良いものができるに決まってます。笑)、そんなに結果が変わらない様な気がしますので、誰かに任しておきたいと思います。折角、自分がするので、織の特色と染めの特色をどこまで組み込むことができるのか?
それを考えて作りたいです。まあ、とことん首を突っ込むと、正解なくどこまででも突き詰められる、泥沼にハマりそうな気がしますので、結構腹を括る必要はありそうです。。。

まず、その第一弾として、帯地は『しぼ織』を選びました。
御召緯をつかった織物、染めの土台として、しぼの隆起がどうなるか?

89EE47B6-D56B-4A53-AC01-25A4C26080D7.jpeg
『しぼ織(現行)』

基礎的な試験は並行して行っていて、それに関しては総論OK。
それに基づいて、これから具体的な帯づくり(紋づくり)へと入っていく所です
(今回のメルマガで少々触れています)。

もし、上手くいけば、表現方法として一つ上の段階に辿り着けそうな感覚もありますので、
これからしばらくは、泥沼へ浸かりに行きたいと思います(苦笑)。

<<前の記事   次の記事>>

検索

LINE@はじめました
友だち追加

最近の投稿

  • 2021年4月27日 12:30
    失敗→総紗縫+α
    南蛮七宝のモノづくりで、最近気になっている色の試験を取ってい…
  • 2021年4月20日 09:45
    襦袢づくり人気
    銅版作家の舟田潤子さんとモノづくりしている『CandyCir…
  • 2021年4月19日 09:30
    作楽『アフリカの渦』完成
    昨年12月から制作していた作楽シリーズの着物がようやく完成。…
  • 2021年4月11日 20:30
    あまみーいろ×南蛮七宝
    今回、いつもとは少し異なった理由で始めたモノづくり。南蛮七宝…
  • 2021年4月 8日 09:00
    今年2回目の奄美
    更新の間隔が空いてしまいました。 昨日までは奄美にいて、昨日…
五代目日記 一冊目