2019年9月 8日 21:30

2019'9 あまみーいろの打ち合わせ

奄美へ行ってきました。
京都で天気予報を見ていると、台風13号が横を通る。飛行機飛ばないかも?
行きは、そんな心配もありましたが、2日間ずっと曇りもしくは雨続き、
たまの突風だったこと以外は、順調に仕事をこなしてきました。

今回の目的は、ある大島を探すこと(ちなみに、この仕事は達成)。
そして、メインはモノづくり。西村さん(西村織物社長)とモノづくりの打ち合わせ。
トコトンまでできました。

6F16252A-3191-428A-815F-FE4B6101349B.jpeg
『あまみーいろの経糸(全部で8色つかっています)』

麹塵染や総紗縫、作楽、最近の刺繍ものなど、となみの帯を頭に置きつつ、大島紬の色柄・モノによっては素材を詰めていきます。月の生産数としては最大10反前後、絣制作から織り上がりまで時間が掛かるため、短期的なことだけを考えていると、柄のバランスに欠けてきます。一つの柄を入念に打ち合わせしつつも、来年一年間から三年前後の計画を立てながら・・・。いつもの奄美では草木染めの色検討や織り子さんを回る等でしたが、今回はいつもとは違った、モノづくりになりました。

年に3-4回、ここ15年は奄美大島へは来ています。
そのお陰で、自然と大島紬のモノづくりの大きな概要は、ある程度理解できています。だったのは思い込み(苦笑)で、じっと産地にいて工程を隅々まで見たり、修行をしたわけではないので、モノづくりにとっての肝の知識がドンと欠けて(こんなんも知らんのかと・・・、焦りました)いるに気付くこともありました。
結構、今まで危なっかしいモノづくりだったんだなぁ(苦笑)と。

そこは、西村さんと23脚して、教わりながら、知識を埋めていく。
今回は、そんな時間も取れた貴重な出張となりました。このモノづくり形になるのは、早くても半年は掛かりますが、長い目で見た実験的なモノづくりもあったりしますので、是非楽しみにしていてください。

<<前の記事   次の記事>>

検索

LINE@はじめました
友だち追加

最近の投稿

  • 2021年4月27日 12:30
    失敗→総紗縫+α
    南蛮七宝のモノづくりで、最近気になっている色の試験を取ってい…
  • 2021年4月20日 09:45
    襦袢づくり人気
    銅版作家の舟田潤子さんとモノづくりしている『CandyCir…
  • 2021年4月19日 09:30
    作楽『アフリカの渦』完成
    昨年12月から制作していた作楽シリーズの着物がようやく完成。…
  • 2021年4月11日 20:30
    あまみーいろ×南蛮七宝
    今回、いつもとは少し異なった理由で始めたモノづくり。南蛮七宝…
  • 2021年4月 8日 09:00
    今年2回目の奄美
    更新の間隔が空いてしまいました。 昨日までは奄美にいて、昨日…
五代目日記 一冊目