2019年7月11日 21:30

大島紬の振り袖。

奄美大島では大島紬の振り袖は当たり前でも、
まず自分の周りでは見かけることはほとんどありません。

IMG_4700.jpg

ですので、今回インスタ等にUPして、返ってくる反応は様々あるのかな?
と思っていましたが、予想とは違い、好意的な反応ばかりでした。

着るかどうか?というのは、その人の好みに左右されるとしても、
その前段階で、これはダメ、あれはダメ。着物にはそれが多いと感じることがあります。
ただ、そこから始まってしまうと、着る人もややこしい、面倒くさい、
モノづくり側からしても、手足が縛られた様で窮屈なモノばかりになってしまいそうです。

もちろん、格式的なモノも大事で、着物は周り人々のために着る場面もあります。
ただ、色留袖を着なければならないお席で(例外的ではあっても)紬が許されることもあったりと、
がんじがらめになり過ぎないことも大事だと思います。

今回は、そう思って、そんな趣旨で書こうと思っていのたが、直接のご意見、SNS等含めて、
心配はなんだったんだ(苦笑)と思うほど、前向きな形の意見ばかりでした。
時代は変わりますね。

それより、困ったことは、この着物に帯を合わせる段階で、
自分たちの方が振り袖の帯だから・・・。と、かえって考え方が今までの監修に縛られている、
様に感じたので、おおきく反省です(笑)。

本当に、素敵でした。

<<前の記事   次の記事>>

検索

LINE@はじめました
友だち追加

最近の投稿

  • 2021年6月14日 18:30
    三重紗vs二重紗
    なんとか織り続けれないかと、試行錯誤してきましたが、終了とな…
  • 2021年6月11日 20:30
    モノづくりの反省
    モノを作っていて、当たり前ですが全部が全部上手くいくことはあ…
  • 2021年6月 9日 12:30
    久々に撮影ができました。
    つくるだけではモチベーションが保てない、そういうわけではあり…
  • 2021年6月 7日 12:30
    クッキー気球尽くし
    CandyCircusの襦袢を制作して、先日ようやく完成。 …
  • 2021年6月 5日 12:30
    紅村帯-続き
    実際に完成したものは、林さんと周りの一部の方だけにご覧頂いた…
五代目日記 一冊目