2019年4月 8日 21:00

歩いていると・・・。

春の真っ最中の京都です・・・。

一本の木から濃いピンクと白、少し淡いピンク、白ピンクのマーブルの花が咲いています。
見方によっては、もう何色か増えそうな『源平花桃』。

P4070356.jpg

名前の由来は源氏と平氏から来ているそうですが、
今、つくっている最中の紹巴織の帯がこんな感じの色の混ざり具合です。
その帯は、一応パッと見た感じは、綺麗なのですが、もう少し均した方が良さそうな・・・、
と少し悩んでいたモノづくりです。

散歩中の花を見て、そのことを思い出してしまいました。
自然がこれなので、帯もあれで良いのかな?
ちょっと進みそうな気がします(苦笑)。

<<前の記事   次の記事>>

LINE@はじめました
友だち追加

         
  •   
    2019年4月16日 21:30
    若手モノづくり/黄色の帯
    ◯若手と一緒にモノづくりをしました。このモノづくりをどう表現…
      
       
  •      
  •   
    2019年4月15日 21:30
    ちょっとだけ寄り道/仙福屋の御召
    ◯仙福屋の御召毎年、この時期になると、人気が出るのが『仙福屋…
      
       
  •      
  •   
    2019年4月12日 21:30
    シュパルム
    ◯初の関わり・・・。貴久樹さんとのコラボでとうとう、総紗縫バ…
      
       
  •      
  •   
    2019年4月 8日 21:00
    歩いていると・・・。
    春の真っ最中の京都です・・・。一本の木から濃いピンクと白、少…
      
       
  •      
  •   
    2019年4月 3日 21:30
    夏実験『影牡丹唐草に天平大雲』
    ◯夏物帯の特性夏物は、地の織りを経糸通し綟るため、透け感があ…
      
       
  •  
五代目日記 一冊目