2018年12月 6日 21:00

念願の、あまみーいろの『龍郷柄』

昨晩、FaceBookにUPした反物です。
(この時はCandyCircusの帯とコーディネート)

DSC04688.jpg
『輪宝文とコーディネート』

【あまみーいろ✕CandyCircus(チューリップ)】となみ織物FaceBookより
となみ織物限定の大島紬『あまみーいろ』。紬糸の特長である節に草木染めの色を吸収させることで、柔らかな彩を表現した紬の着物。
二反(一疋)単位の小ロットでのみ糸を染めるため、草木の繊細さと相まって、同じ色は作れない一期一会的な面白さもあるモノづくりです。
今回は、伝統柄『龍郷』を経緯糸の絣糸で製織しました(一つ一つの絣合せが、写真から分かると思います。)。

このモノづくりは、まだ暑くなる前ごろに、『龍郷のあまみーいろを作りたい。』
と奄美の西村さんと大きさや染めの種類、色を打ち合わせをしました。
その時は、『今年中に上がって来るかなぁ・・・?』という感じだったので、
年末に奄美へお邪魔するときに、見れたらいいな。と思ってたモノが上がってきました。
予想よりも早かったので、早めのクリスマスプレゼントをもらった感じです(笑)。

このあまみーいろ色ですが、月産8〜反くらいだと思っていましたが、
糸が手で染めていく草木染めのため、染めが滞ってしまうと、織り上がりの数は、
そこまで行きません。下手すると、月に4反前後しか上がってきません。


『草木染料を糸に浸透さています/ちなみに、弊社常務の研修風景です。』

来年は『あまみーいろ』の年!と思っていますので、
年末の出張は、入念な打ち合わせをしていきたいと思っています。

色味は今年とは異なってきますので、今年あまみーいろをじっくりと見られた方も、
楽しみにしていて下さい。

<<前の記事  

LINE@はじめました
友だち追加

五代目日記 一冊目