2018年11月20日 21:00

表地に大島紬、裏地には南蛮七宝のコート②

先日、このブログで紹介してきたコートが予定通り仕立て上がってきました。

L1001182.jpg

このコートの当初作り始めのイメージとしては、裏地の唐長文様『南蛮七宝』と同じく、とにかくシンプルに。
表地は大島紬、裏地には南蛮七宝の裏。
感覚したら、脱ぐ際にまずチラッと見える裏無地に、次には帯の意匠が目に入って、おっとなる、
素敵なコートに仕上がったと思います。帯屋の感覚からしても帯が目立って嬉しい、コートです。

一昨日昨日とトンボ返りに近い出張へも持っていきました。
詳しい商品説明をする間もなかったので、『撞木に掛けて置いておくだけになるかもしれないな。』
と思っていたところ、まず表地の大島の光沢に目を惹かれる、
手に取られた後、風合いに気づかれ、羽織ると軽さにおーっとなる。
そして、最後は周りにいる方々に裏地を自慢したくなる。

なかなか驚きが多いアイテムとなりました。

今後は、この色はベースのアイテムにして、
裏地の色を変えて、表地の織産地を変えて、作れないかな?と検討中です。

前回のブログでは『裏を楽しむコート』とタイトルを付けていましたが、
実際に完成すると、【帯も喜ぶコート】の方が正しいのかも、と思いはじめました。

ある意味、これも帯のためにするモノづくりになっているのかな?

<<前の記事   次の記事>>

LINE@はじめました
友だち追加

五代目日記 一冊目