2018年4月29日 23:30

GWの間に御召で可能性を広げたモノを少し紹介。

仙福屋の御召は裾捌きが良くて、裏を付けたら袷用。
一枚だったら、単衣。となかなか評判の良い反物があります。

着物仕立て、ウン十年という仕立て職人からも、
『今まで触った中で、一番着やすそうな生地。』
と山ほど生地を見て触るプロからも、お墨付きをもらっています。

そんな評判が良い生地だったら、他の世界へ持ち込んだら、どうなるか?その興味の延長で作る、
もう一つは自分&スタッフがスーツの時でも、自社で制作するものを持っておけないか?
その二つが合わさって制作にした『ネクタイ』です。

スクリーンショット 2018-04-29 21.29.29.jpg
『一番最初に作った濃い緑バージョン』

この他にも紬糸を通して風合いを変え、さらに文様をもう少し抑えてみたバージョンも。

スクリーンショット 2018-04-29 21.29.49.jpg
南蛮七宝文様;藍×黒

色違いで制作していますので、
一応一週間このシリーズだけで一週間過ごせるようにしています(笑)。

海外の方からはもっと派手な色が欲しい、との声も頂いているので、
それを着物生地で織るか?当初の目的がどこかへ行ってしまわないか(苦笑)?
少し考えてみてたいとおもいます(笑)。

本業は帯や着物をメーカーですので(苦笑)。

<<前の記事   次の記事>>

検索

LINE@はじめました
友だち追加

最近の投稿

  • 2022年11月 8日 12:29
    とにかく積み重ねています
    陶芸家林侑子さんとコラボで制作する紅村帯。 陶芸家 林侑子さ…
  • 2022年11月 5日 13:53
    白総紗/千鳥 #1
    『千鳥/白総紗』の新しい仕上がり 白総紗は、総紗縫を着物の白…
  • 2022年10月31日 18:00
    自分の羽織に一枚
    『角つなぎ文様の御召』 今、手元にある自分の着物を見てみると…
  • 2022年10月28日 12:11
    これは経験なのかな?
    『できると思いますよ。』とあまり疑問に思わず、ある意味安請…
  • 2022年10月27日 17:24
    お手伝い
    当たり前のことかもしれない、ということで、今手伝っているモノ…
五代目日記 一冊目