2018年3月 8日 20:30

陰牡丹唐草の帯づくり2

少し前に作った帯と対面

L1007630-2.jpg
『宵待草/作楽 ✕ あまみーいろ(大島紬)』

この帯はベースとなる地部分に6色の糸を通し、それぞれの色が複雑に入り組み織物を作ります。一応、紹巴織ではあるのですが、その原型がほとんど感じられない(笑)『新しい』ものになるかもしれない織物です。

今回の『陰牡丹唐草』帯づくりにこれを応用しようとして、ただいま検討中です。ちなみに、同時期に制作している、この帯の地紋も基本的に発想は同じ。

IMG_1485.jpg

この帯を元となる唐紙と比較しながら、あれやこれやち触れながら意匠図づくりに進んでいきます。

<<前の記事   次の記事>>

検索

LINE@はじめました
友だち追加

最近の投稿

  • 2023年1月25日 12:40
    京都の雪の日
    報道通り、京都は久々の大雪。 年に一度積もるどうかの市内で…
  • 2023年1月20日 11:24
    一点物?/作楽のきもの作り
    最近のとなみ織物は、帯着物共に一点物づくりがかなり増えてい…
  • 2023年1月16日 20:00
    雑談コーデ#18
    『御召×ケルティック』 恒例の雑談コーデをアップしました。 …
  • 2023年1月11日 12:42
    作楽羽織/糸入れ
    去年からの続き →https://www.kyo-tonam…
五代目日記 一冊目