2017年10月31日 23:48

バランスを取りながら/麹塵染の御召


織物を織る場合、経糸と緯糸が必要です。
となみ織物が作る織物の場合、その糸質自体は同レベル絹糸であることがほとんです。
ただ、緯糸の場合、通すのは多種の糸になることもあります。
たとえば、ベースは通常の糸でも色が違ったり、紬糸だったり、御召緯や箔を入れたりと、
様々です。

もちろん、これは自分がイメージする織物の風合いを作るためです。
糸の太さを変えるだけで、仕上がりの光沢も変わりますし、
微妙な中間色を作るため、違う色を絵の具の様に混ぜて色を表現することも。
これらは、試験をしながらバランスを取って進めていきます。

今日のモノづくりは、緯糸に麹塵染の糸を入れて、御召を織る。
そんな仕事です。


IMG_1115.jpg
『麹塵染めの緯糸』



ちなみに、帯と着物の糸は、太さや合わせ方など点が微妙に異なります。
もちろん、使えないことはないのですが、帯の糸は帯の表現に特化した糸ですので、
それで着物を織ったり(以前は帯締めを組む)する際には織に難いことが、多々あります(苦笑)。


それでも、
じぶんがイメージするモノにするため、どうしても使わなくてはいけない場合もあります。
その際は、なんとかお願いしますが、着物としての形に到達しないこともありますので、
こちらもバランスを見てのモノづくりになります。



崩しすぎても駄目ですし、従来通りの定石通りでは、面白くない。


この麹塵染めの糸を使った『仙福屋の御召』づくりも何度目かになりますので、
今までとは少し変えて、一歩踏み出たモノづくりに仕上がる予定です。



<<前の記事   次の記事>>

検索

LINE@はじめました
友だち追加

最近の投稿

五代目日記 一冊目