2017年10月30日 22:26

『obi clutch &数寄屋袋』

一年くらい、自分で使い(obiclucthの超初期バージョン)、
スタッフやお客さんにも使ってもらい(こちらは上記完成品)、
使い勝手のいろんな情報が集まっています。

作るために必要な縫製や帯地の規格、コンセプトは固まっていますが、
サイズやファスナーの長さ等で、いくつかのバージョン違いを作っていますので、
ホンの僅かなことでも、皆さんからのフィードバックは貴重です。

たとえば、結構多いご意見は、『思っていたよりもかなり便利。』というもの。
(思っていたよりも←ここ強調です。)
このサイズのバッグを持つ習慣がなかった方にとって、
使ってみた使用感は、とても新鮮だったようです(私もその中の一人です 苦笑)。


仙福屋の小物づくりの一つのコンセプトが、持つ人を引き立てるアクセサリーとしての小物。
そのために、帯地を使って柄の一番良いところを出す(当然帯なので着物姿のお太鼓部分)ことを心がけています。
時々、南蛮七宝のように、どこを出しても大丈夫(厳密にいうと本当は違うのですが・・・)、
そんな風に恵まれた帯は割合的に少なく、ほとんどのモノが柄の良いところ取りとなり、
端切れも沢山が出来てしまうので、結構大変です。

でも、こんな写真を見ていると、作っていて良かったなぁと。。。
(この写真は数寄屋袋とobiclucthミニ)




L1004800 (1).jpg
『二重織の数寄屋袋』



IMG_2435.jpg
『悠翔織でobiclutch』




L1005327.jpg
『南蛮七宝文様の・・・、こちらは数寄屋袋』



また、作る際にはお太鼓を意識していたとしても、出来上がりはお太鼓のの大きさとは異なるので、
小物としての仕上がりがイメージしていたよりも良いこともあります。


さらに、その後その事がキッカケになり、
帯柄のサイズを変えてみたり(新紋を作ります)、また織り出す位置を変え、
お太鼓の中心を考え直すことに繋がることも。。。
(↑まあまあの大事件です 苦笑)



そんな風に帯意匠の隠れていた魅力が見つかることもあるので、
この実験的と言ってもよいモノづくりは、間違いなく今後も続けていきます。


また、このような小物を通じて、皆さんにいつもより帯地を身近に感じてもられば、
言うことなしです(ちょっくくらいの端切れなんか 苦笑)。



仙福屋の袋物
 ⇒http://www.senpukuya.jp/products/list.php?category_id=120

<<前の記事   次の記事>>

検索

LINE@はじめました
友だち追加

最近の投稿

  • 2021年4月27日 12:30
    失敗→総紗縫+α
    南蛮七宝のモノづくりで、最近気になっている色の試験を取ってい…
  • 2021年4月20日 09:45
    襦袢づくり人気
    銅版作家の舟田潤子さんとモノづくりしている『CandyCir…
  • 2021年4月19日 09:30
    作楽『アフリカの渦』完成
    昨年12月から制作していた作楽シリーズの着物がようやく完成。…
  • 2021年4月11日 20:30
    あまみーいろ×南蛮七宝
    今回、いつもとは少し異なった理由で始めたモノづくり。南蛮七宝…
  • 2021年4月 8日 09:00
    今年2回目の奄美
    更新の間隔が空いてしまいました。 昨日までは奄美にいて、昨日…
五代目日記 一冊目