2017年10月28日 12:55

実験/南蛮七宝文様←汕頭刺繍

汕頭刺繍の袋帯、となみ帯の中で一本は持っておきたい帯の一つになってきました。


22814093_1498235886879858_2094005911241757500_n.jpg
汕頭刺繍/FacebookへUP



先日、FacebookにUPをしています。
織物の彫刻と言われる刺繍は、写真では大変表現し難いですが、実物を見られた方から、
ほとんど例外なく『素晴らしくいい帯。』と言って下さります。



通常の工程を経て製織した帯をそこから半年くらい掛け(最近は長くなる傾向があります)、
刺繍を施し完成する。自然と出来上がる数は少なく、職人によって刺繍の目、綺麗さが全然ちがい、
このレベルを維持しようとすると、マイペースにならざるを得ない、です。


そんな制作スペースに割り込もうとしているのが、この実験。
南蛮七宝の紬で織ったモノです。刺繍の特性を考え、今回は紬糸を通した紹巴織。



IMG_1096.jpg
『南蛮七宝の紹巴織+紬』



今まで試したかったけど、できなかったことを今から制作していきます。
今日、発注を出しましたので、後は途中経過を聞くだけ、後は大人しく祈るだけです。


また、仕上がり次第、報告しますね〜。

<<前の記事   次の記事>>

検索

LINE@はじめました
友だち追加

最近の投稿

五代目日記 一冊目