2017年9月24日 22:20

久しぶりの帯を・・・。

先週は2日続けて撮影を行いましたので、その整理も大事な仕事の一つ。


制作した帯が丸巻きで上がってきて、それを合わせて袋帯にして、さらに芯を入れ、帯としての出来上がり。そして、着物や小物に合わせて着姿として完成。図案を作るときから考えると、結構時間が経って、ある意味の完成を迎えます。

となると、メーカーとしては着姿をこうやって撮影させてもらうのも、
モノづくりの〆の様な形で、とっても大切です。

IMG_2152.jpg
『作楽シリーズ/蛍光織』

今回はお持ちの着物にとなみ帯を合わせるパターンでした。
帯は二重織り『作楽』。蓄光する糸を織り込んだ、ちょっと前に制作袋帯です。

私が作る帯は色んなモノを省きます。図案の段階でも紋の段階でも、配色でも。
だから、いまいまの流行には乗れませんが、懐かしいとか、古いと感じず、
なにか軽く『あっ、久しぶり!』そんな感覚だと、
以前あるお客さんから言われたことを思い出しました。

綺麗に着付けもしていただいたので、撮らせて頂いた写真はまたUPしていきますね。
この前の日の写真も含めて、頑張って整理していきます〜。

<<前の記事   次の記事>>

検索

LINE@はじめました
友だち追加

最近の投稿

  • 2023年1月25日 12:40
    京都の雪の日
    報道通り、京都は久々の大雪。 年に一度積もるどうかの市内で…
  • 2023年1月20日 11:24
    一点物?/作楽のきもの作り
    最近のとなみ織物は、帯着物共に一点物づくりがかなり増えてい…
  • 2023年1月16日 20:00
    雑談コーデ#18
    『御召×ケルティック』 恒例の雑談コーデをアップしました。 …
  • 2023年1月11日 12:42
    作楽羽織/糸入れ
    去年からの続き →https://www.kyo-tonam…
五代目日記 一冊目