2017年9月13日 22:56

こんな時に着る着物は?

今日の昼の京都は、茹だような暑さはなくても、まだまだ30℃を簡単に超えています。。。
(夕方でも29℃・・・。暑い〜。)

『そんな中、着る着物は?』
先月、つい最近までは、透け感がバリバリあって、羽織っていても重さを感じないような
『真夏物』を着ていたところから、9月になって、いくら裏がついてなくても、単衣に衣替え。

この暑さでは、まだまだ厳しいです(あくまで今の京都では、です)。
だから、周りを見ると透け感の強い真夏物を着ておられる方、まだまだ多いです。

また、その真夏物の方々が目には涼しくて癒やされますし、
濃い地の上着を着たスーツ姿の中に紛れたりなんかすると、
さらに、そのギャップとで、かなり素敵に清涼感を感じます。


DSCF2403.jpg
ちなみに『着物には透け感のある絹芭蕉、帯はImon千鳥、バッグはお太鼓トート



先日、そんな今の時期真夏物の方に、『じゃ、いつまで真夏物を着ますか?』と質問をしてみると
返ってきた答えは、


『(笑いながら)涼しくなるまで。』
『(来年まで着れないから)心ゆくまで夏物を着ます。』でした。


洋服で考えると暑い時に涼しい格好をする。
それが当たり前のことですが、着物の場合、季節を過度に気にされる方が、結構多くおられます。
もちろん、どこでもこの(適当な 笑)ルールが通じるとは思っていませんが、
着物を着て、本人も周りも快適に素敵に着物を着るためには、この辺りの大丈夫なんだよ。
そんなお知らせ(布教?)をもっとしていく必要があると思います。


なんのためのルールなのか?
不思議です。

<<前の記事   次の記事>>

検索

LINE@はじめました
友だち追加

最近の投稿

五代目日記 一冊目