2017年9月15日 22:30

9月の打ち合わせ/唐長さん岩倉


今日は唐長の12代目誠次さんの工房へ打ち合わせを兼ねて、お邪魔して来ました。

行くたびに変化がある工房。
大きく変わっているはずなのに、貼られた唐紙が既に周りと馴染んでいて、自然にある・・・。言葉で表すのは難しいのですが、そのさり気無い自然さが凄いです。

36B01A06-5B97-4AFA-B299-026DF1C486E2.jpeg

他にも南蛮七宝文様の唐紙を使ったランプ。

BF12BDF8-0641-499B-8B4F-25E6C7F2D429.jpeg
新しく設けられた棚には唐紙。その後ろの瓢箪唐草、あったかな?
面積として決して広くはないのですが、誠次さんが建築士ということもあって、高い天井とライト、間取りとが合わさって、ずっと唐紙の表情を見て楽しむ、居心地の良さがあります。

雑談半分ですが、その中からえらい先に実現できたらいいな、という話からもう来月にはできそう、そんなことまで、面白いことを考えて企画していきたいと思います。

ちょこちょこお客さんをこの工房へお連れして(邪魔にならないように・・・)。唐紙の面白さも伝えていくお手伝いができればと思っています。

<<前の記事   次の記事>>

検索

LINE@はじめました
友だち追加

最近の投稿

  • 2023年1月25日 12:40
    京都の雪の日
    報道通り、京都は久々の大雪。 年に一度積もるどうかの市内で…
  • 2023年1月20日 11:24
    一点物?/作楽のきもの作り
    最近のとなみ織物は、帯着物共に一点物づくりがかなり増えてい…
  • 2023年1月16日 20:00
    雑談コーデ#18
    『御召×ケルティック』 恒例の雑談コーデをアップしました。 …
  • 2023年1月11日 12:42
    作楽羽織/糸入れ
    去年からの続き →https://www.kyo-tonam…
五代目日記 一冊目