2017年7月23日 22:35

この帯も火がつくのかな?


モノづくりをした10のうち、上手く行くものは一割、そこから何年も愛される帯づくりとなるのが、さらにその一割と。不思議なもので、モノづくりの発想が早くても、遅くてもダメで、その時代にあったモノである必要があります。

作る方からすると、全て上手く作ろう、皆さんに喜んでもらおう、そんなつもりなんですが、なかなかハードルは高いです。

作り始めたが早過ぎたのか、5年以上前から作り始めて、最近になってまた盛り上がり始めたのが、この『となみ帯+スワロフスキー』。ベースとなる帯には、総紗縫もしくは上品綟に付けるのが主流です。

L1004241.jpg
先日もこの帯(これは上品綟バージョン)を使った素敵なコーディネートを結ばれていましたので、撮影させて頂きました。


帯を販売する際・・・、
こちらが『この帯綺麗ですよ。素敵ですよ。是非。』等々、いくら販売トークを駆使するよりも(となみ織物のスタッフはそれが下手ですが・・・苦笑)、結ばれた人から実際に使い心地を聞く、(安いものではないので)それが長時間であれば、なおさら◎。さらに、ご自分の目で見られ、全て加味した結果、欲しい。そう思って頂けるのが一番です。

また、面白いことに、近頃は特にこの帯のCMもしていませんし(この帯自体、その会場に持っていかないことも・・・)、お客さんの反応の時差が大きい帯なのかもしれません。


そういう声は下手すると、聞き逃してしまいそうになるので、ちゃんと耳を澄まして聞く→次の形へ繋げていく。それが作り手として、とっても重要です。今回も何かのキッカケになるかもしれませんので、大事にしていきたいですね。

<<前の記事   次の記事>>

検索

LINE@はじめました
友だち追加

最近の投稿

  • 2023年1月25日 12:40
    京都の雪の日
    報道通り、京都は久々の大雪。 年に一度積もるどうかの市内で…
  • 2023年1月20日 11:24
    一点物?/作楽のきもの作り
    最近のとなみ織物は、帯着物共に一点物づくりがかなり増えてい…
  • 2023年1月16日 20:00
    雑談コーデ#18
    『御召×ケルティック』 恒例の雑談コーデをアップしました。 …
  • 2023年1月11日 12:42
    作楽羽織/糸入れ
    去年からの続き →https://www.kyo-tonam…
五代目日記 一冊目