2017年5月18日 23:58

今回は10人中2,3人の方へ向けて


久々に神戸に来ています。仕事では3年ぶりぐらいで、週末まで滞在する予定です。今回の展示内容としては、様々な品種のある、となみ織物の中でもコアなモノを中心に会場を埋めています。各メーカーによってモノづくりの取り組み、考え方あるので大きな差はありますが、有り難いことに、となみ織物ではスタッフごとのモノづくりや、作家モノ等で、いくつものパターンで展示を行うことができます。


いつもは10人中10人の方に気に入って頂き、手に取ってもらえるようなイメージで、帯・着物・小物を選び、並べます。今回は、そこからのイメージとはかけ離れていて、10人中2,3人の方が強烈に好きになってくれるもの。そんなモノづくりしたモノを集めての展示をしています。先日、ある流通のお客様に参考にお見せしたところ言われたことは、『メーカーって、まだこんなモノづくりをしていたんだ。』でした。元々10人中2,3人のコアな方に、気に入って頂くモノづくりのため、どうしても販売量としては総数は少なくなり、リスクを考えると、なかなか流通に流れにくい。そうなると、世の中の着物好きの方の目に触れるものは、面白いコアなモノが少なくなる。


やはりそれは、良い循環ではありません。ですので、作る方もリスクを取ってこういったモノづくりを一定以上行って、今回のような展示を定期的に行う。まだまだメーカーって、面白いものを作っているよ。着物って面白いよ。を伝えたいです。ちなみに、今回の場合、メインテーマではなかったのです(苦笑)が、このCandyCircusシリーズが非常に注目、手に取られる方が多いです。


DSCF8401.jpg



実は今回、みなさんの反応を見たくてお持ちしたモノがあります。仕上がったばかりなので、まだ見本&非売品として(値札すら付けらていない)、着物があります。これは更にコア、今回の展示品が10人中2,3人だとしたら、100人中2,3人ぐらい・・・。ものすごく手間を掛けて、作りました。はじめてこれを見たスタッフは『えー、誰が着れるやろ・・・。今まであった中でこれ着れそうな人は・・・、いないかも。』その様な着物です(苦笑)。それは、また後日もう少ししたら、紹介したいと思います。おそらく、説明が無くても『あーこれだ!あの時のだ。』と気づいて頂けると思います。お楽しみに(笑)





<<前の記事   次の記事>>

検索

LINE@はじめました
友だち追加

最近の投稿

五代目日記 一冊目