2017年4月 6日 00:45

こだわりの大島→帯へとなります。

だんだんと職人も作れる環境も減っていき、生産数もそれに連れて少なくなる大島紬。
市場に流れている、ありふれた(それも少ないのですが)モノではなくて、端から端まで自分(自社)のこだわりを込めた大島が上がってきました。今まで通りこれからもコツコツと作って行きたいのですが、段々と上がってくるスピードも目に見えて遅くなっています。その都度、作れなくなっている感をひしひしと感じていますが、自分たちにできることは、何よりも世間にない面白いものを作ること。まずはそれをするしかありません。
それをチラッとだけ紹介します。
産地は奄美大島(だから地球印ですね)、特長は、経横絣の夏物、更にさらに白大島。文様は・・・。


L1001214.jpg
『夏大島+白大島+経横絣』





昔から在庫に残っているモノ(それもかなり少なくなりましたね・・・。)は置いておいて、いまいまのモノづくり、この手の着物はかなり少ないとおもいます。詳細はまた後日にしたいと思います(もう少し内緒で・・・)。



こんな着物が上がってくると、帯を作りたい気持ちも、勝手に盛り上がってきます(笑)。

そちらの方も楽しみにしていてくださいね。

<<前の記事   次の記事>>

検索

LINE@はじめました
友だち追加

最近の投稿

五代目日記 一冊目