2017年3月17日 23:55

汕頭刺繍/溺愛の帯/織の彫刻

前回の「きものsalon」にも載せていた、汕頭刺繍を+した、となみ帯。別名「溺愛の帯」。
もう一つ、別名、【織の彫刻】



スワトウ.jpg
【きものSalon/汕頭刺繍(溺愛の帯)】
https://goo.gl/xGpXrx


日間、その職人さんとご一緒させてもらっています。今までもこんな機会はありました。
ただ、その時はバタバタとして時間自体も短かったため、なかなかゆっくり見せて頂くことができずでした。
今回は(その分?笑)お話とその技を見せて頂くことができています。


書きたいですが、おそらく伝わりませんので、ザッと書くと・・・。
蘇州では、少なくない人が小さい頃から針を持つ。そんな今までは当たり前に近かったことが、今ではほとんど出来ず、職人もそれにつれて減少、技術自体が消滅の危機、という話をされていました。


IMG_0476.jpg



状況はまったく西陣の産地も同じです。そのため、他人事とは全く思えず、そのことも含め、お互い長い時間話をさせて頂くことができました。私達が、できることというと、そんなに多くは無いかもしれませんが、素晴らしいモノをちゃんと伝えて、本物の技術はどんなものか知って頂く、そして、それを喜んで又は楽しんで身につけてもらう。


IMG_0471.jpg


あまり難しく考えなくても、まず自分で、スタッフで目の前にできることはあります。それをコツコツとやっていきます。ここでは興味を持って頂く、取っかかり作れるようにする、頑張りたいと思います。



<<前の記事   次の記事>>

検索

LINE@はじめました
友だち追加

最近の投稿

五代目日記 一冊目