2017年1月27日 20:30

唐長文様『南蛮七宝』+?

先日、行った唐長さんのイベントの際に展示されていた『唐紙のパネル(額)』。それを4日間、ずっと見続けていましたので、やはり、この帯を作りたくなってきます。

IMG_9881 (1).jpg
『南蛮七宝に光悦蝶のパネル』

実際に、帯にするかは置いておいても(苦笑)、この唐紙作品を織物として表現できるのか?それだけでも試したくなります。


一応、糸棚から色を出し試験を織る準備を整えましたが、一日寝て(案を寝かしてみて)、実際に織るのか、どうか?を考えてみたいと思います。言ってみれば、(紋を触らない限り)配色を変更するだけのモノづくりですが、だからこそ、素材を変更したり、少し混ぜてみたりと色々とやってみたくなります。


実際は色変更だけでも、やってみると『なんか違うなぁ・・・。』となり簡単ではありませんので、余裕がでるかはわかりませんが・・・。



上の様に書いているだけで、やってみようという方向に大きく傾いていますが、落ち着いて、明日決めます(笑)。




ちなみに、この額は今回のイベントのために制作されました。壁に掛けるのも机の上に置くのも、とても良い空気を作ってくれます。疲れたらそちらの方向へ目をやっています。襖や壁一面も素晴らしいですが、この限られたスペースの唐紙作品を置く、ホントに贅沢です。


この『唐長パネル』について、少し話をしただけで、興味を持たれるお客様がおられましたので、お問合わせ先もリンクを貼っておきますね。
  ⇒info@senpukuya.jp





<<前の記事   次の記事>>

検索

LINE@はじめました
友だち追加

最近の投稿

五代目日記 一冊目