2020年9月 3日 12:30

濃淡を活かす織物/綟り織をつかって

【モノづくりの最初は】
帯を制作していく上で問題になることは、本当に山ほどあります。
それを①一つずつ解決して進むのか、②その表現方法では止めておくのか、③全く方向転換して、違う織物で制作するのか、などなど、解決方法は色々とあります。

実際のモノづくりのスタートは、帯の元である図案、それを見てどの織組織で進めるのかを決める所からです。この傾向の図案だったら、紹巴織とか、総紗縫、しぼ織・・・、と暗黙の了解的なものがあり、それがモノづくりの通常の流れですが、この図案をこの織物でどうしても織りたい、そんな例外があるときも。

大体、そのときは、上に挙げた①〜③のような問題にぶつかり、ほとんどの場合、夏や単衣物などの薄物のモノづくりが多いです。今回、上記解決方法の中の①で突破を考えているモノづくりがあります。

【紗の組織を改良、濃淡で見せるモノづくり】
夏物の織物といえば、紗。経糸同士を交差させることで、透け感をつくります。この綟織は、無地だったら問題は起きませんが、紋で柄を入れると、地が透けているため、柄をつくる色糸が表に見えてしまいます(『渡っている糸が見える』と言います)。これも夏の織物らしさの一つのため、昔の帯を見ると、よくある表現の一つともいえます。

ただ、今回の場合は、この糸を無くしたい。そんな意匠を帯にしたいため、(①で突破して)紗をつかった新たな織組織を考える必要があります。

IMG_1671.jpeg
『新しい織組織試験/牡丹唐草』

この最初の試験織では紋(設計)と上手く織りを作れるのかの確認。それと、地色と柄部分の発色の違い(ここが今回の肝部分)、紗の透け感がどこまで残るのか?3種類つかった素材の風合いチェックなどを行いました。最初の試験織は結構思い切ったことをするため、外すことも多いのですが、今回に関しては思いの外、濃淡で上手く文様が表現できていて、最初にしてはかなり良い着地です。

たまたま、この配色と織物が上手く見える。そんな可能性もありますので、早速つぎは本番を見据えて、これとは違った雰囲気の配色で再チェックを行います。多分、うまくいくはず・・・。。。(笑)

<<前の記事   次の記事>>

検索

LINE@はじめました
友だち追加

最近の投稿

  • 2021年4月27日 12:30
    失敗→総紗縫+α
    南蛮七宝のモノづくりで、最近気になっている色の試験を取ってい…
  • 2021年4月20日 09:45
    襦袢づくり人気
    銅版作家の舟田潤子さんとモノづくりしている『CandyCir…
  • 2021年4月19日 09:30
    作楽『アフリカの渦』完成
    昨年12月から制作していた作楽シリーズの着物がようやく完成。…
  • 2021年4月11日 20:30
    あまみーいろ×南蛮七宝
    今回、いつもとは少し異なった理由で始めたモノづくり。南蛮七宝…
  • 2021年4月 8日 09:00
    今年2回目の奄美
    更新の間隔が空いてしまいました。 昨日までは奄美にいて、昨日…
五代目日記 一冊目