2020年7月10日 21:00

制作から仕立てまで/着物でも

作楽シリーズの羽織をご購入頂いたので、
仕立てへ向けて、加工を進めています。
IMG_0949.jpeg
この羽織は、作楽の帯を元に図案を制作し、反物⇒仮絵羽にします。
DSC06690.jpg
ご購入頂いた後は、仮絵羽の糸を解き・湯のしをしてから、再び反物状態に。
IMG_0949.jpegのサムネイル画像
その後、検品(今日は状態です)、本仕立てに入ります。
帯・図案、白生地など、本当の最初から最後の仕立て上がりまで。
その後は、着物とコーディネートとた完成した姿を見せて頂くことができます。

10数年前のメーカーであれば、モノづくりして、はい終わり。というものでした。
そうではなくて、今は、モノづくりして以降の経過もずーっと見ていられることもある。
なかなか無い、ポジションに今いることを本当に感謝しています。
今度は、作楽の着物を制作しようしていましたので、そこへ向かう大きな活力になりました。

<<前の記事   次の記事>>

検索

LINE@はじめました
友だち追加

最近の投稿

  • 2021年4月27日 12:30
    失敗→総紗縫+α
    南蛮七宝のモノづくりで、最近気になっている色の試験を取ってい…
  • 2021年4月20日 09:45
    襦袢づくり人気
    銅版作家の舟田潤子さんとモノづくりしている『CandyCir…
  • 2021年4月19日 09:30
    作楽『アフリカの渦』完成
    昨年12月から制作していた作楽シリーズの着物がようやく完成。…
  • 2021年4月11日 20:30
    あまみーいろ×南蛮七宝
    今回、いつもとは少し異なった理由で始めたモノづくり。南蛮七宝…
  • 2021年4月 8日 09:00
    今年2回目の奄美
    更新の間隔が空いてしまいました。 昨日までは奄美にいて、昨日…
五代目日記 一冊目