2020年6月 5日 12:30

久々に新作:雀形七宝の夏御召

久々に上がってきました、夏と単衣時期の『御召』です。

『仙福屋の御召/夏単衣バージョン』と織組織は同じ、紋づくりが非常に制限されます。
(軽くて、着やすいので、つくる時の苦労ぐらいは・・・ですが、やっぱり大変(笑)。)

元々は、暑い時期への対応のモノづくり。
そして、生地感イメージは、透けすぎず、暑すぎず、その間よりも少し薄い。
そこを狙ってつくられている織組織。

IMG_0486.jpeg

この透け感づくりのための柄と地の織組織から起きる文様の制限。
帯でも良くありますが、帯よりも織り自体は細かくないので、柄の表現ができるか・・・。
『スズメがスズメに見えるか、雀形七宝に見えるか・・・。』が中心のモノづくりです。

動画で見てもられば、なんとかこの透け感が伝わるかな?
と思って撮ってみましたが、総紗縫並みに柄と生地が絶妙に上手くいったと思っています。

色見本的に、最初は横糸(緯糸)を変えて織っていますので、
また、みなさんに見ていただきたいと思います。

<<前の記事   次の記事>>

検索

LINE@はじめました
友だち追加

最近の投稿

  • 2021年4月27日 12:30
    失敗→総紗縫+α
    南蛮七宝のモノづくりで、最近気になっている色の試験を取ってい…
  • 2021年4月20日 09:45
    襦袢づくり人気
    銅版作家の舟田潤子さんとモノづくりしている『CandyCir…
  • 2021年4月19日 09:30
    作楽『アフリカの渦』完成
    昨年12月から制作していた作楽シリーズの着物がようやく完成。…
  • 2021年4月11日 20:30
    あまみーいろ×南蛮七宝
    今回、いつもとは少し異なった理由で始めたモノづくり。南蛮七宝…
  • 2021年4月 8日 09:00
    今年2回目の奄美
    更新の間隔が空いてしまいました。 昨日までは奄美にいて、昨日…
五代目日記 一冊目