2019年9月29日 12:30

再び中野さん作品見学に/嵯峨嵐山文化館。

先日の話・・・
今回で2度目の訪問とになりました(展示は後期)。
その前回は作品に圧倒されてしまって、作品を見て頭に入れたというよりは、
全体のイメージ、雰囲気を感じて来た、そんな印象でした。

今回は腰を据えて、文字通り畳に座って、細部まで、じっと鑑賞することに。
しかも、今回は中野さんご本人の解説付き。
これ以上考えられない、贅沢な鑑賞会となりました。

362B7C89-8B66-496A-8A56-0AAB8571DA3B.jpeg

ふと中野さんから、
『やっぱり絵を見るときは、作品が帯になるかどうかの意識しますか?』と聞かれた際に、
『もちろん、それでしか作品を見ることができないかもです・・・(笑)。』
と返事した様に、今回も途中から帯の図案を見ている錯覚に陥ってしまいました(笑)。
ここはお太鼓にイイ感じとか、織物としては色数が多いか・・・という風に。

そんな帯屋としての意見も中野さんには聞いて頂き、
また図案として現在制作中の『木蓮』についても意見を聞くことができましたので、
今後のコラボでつくる、モノづくりへの大きな+αとしたいです。

<<前の記事   次の記事>>

検索

LINE@はじめました
友だち追加

最近の投稿

  • 2021年4月27日 12:30
    失敗→総紗縫+α
    南蛮七宝のモノづくりで、最近気になっている色の試験を取ってい…
  • 2021年4月20日 09:45
    襦袢づくり人気
    銅版作家の舟田潤子さんとモノづくりしている『CandyCir…
  • 2021年4月19日 09:30
    作楽『アフリカの渦』完成
    昨年12月から制作していた作楽シリーズの着物がようやく完成。…
  • 2021年4月11日 20:30
    あまみーいろ×南蛮七宝
    今回、いつもとは少し異なった理由で始めたモノづくり。南蛮七宝…
  • 2021年4月 8日 09:00
    今年2回目の奄美
    更新の間隔が空いてしまいました。 昨日までは奄美にいて、昨日…
五代目日記 一冊目