2018年6月 4日 20:30

5月末、撮影の続き・・・/白々の帯

前回の続き・・・。
このコーディネートは、帯について自分の言いたいことが入っています。
(偶然にも)

L1009239.jpg
『夏の着物に白々の帯』

それは、白々の帯(雲龍錦)。
写真の帯は夏や単衣物に合わせる帯ですが、袷物にも白々の帯を今まで作ってきました。
帯単体で見てしまうと、色が少ないので、『なにかモノづくりをサボった感じがしてしまう』
と自分たちでも思ってしまうこともありますが(苦笑)、実際は白々だけにかなり拘っています。

経糸も緯糸も基本的に白の帯のことを、そのまま白々(しろしろ)と言っていますが、
同じ糸を使って作るのではなく、濃淡を付けています。銀糸を通して素材感を変えたり、
そもそもの織組織では、変わり織りを使ったり。

今回では経糸に銀糸と絹糸を両方使い、織り上がってからそれらを揺らすことで変化を付ける、
織り方を採用。白々だけに変化を付けようとしています。

そして、その帯をコーディネートする。
単体で見ているのと、着物や小物の色が入ってきて、帯が平面ではなくて、立体になると、
今まで目立たなかった拘りが、ふわ~っと出てきます。

そこに行くまでは、なかなか良さが伝わりにくい、ある意味難しい帯ではありますが、
今回みたいに、合わせることができると、着られる方、周りで見ておられた方、ほぼ例外なく
その良さが伝わりました。

その瞬間、やっとモノづくり報われる。
長い時間は掛かりますが、そんな帯が白々の帯です。

特に、夏物の白々は透け感も、そこに加わって、さらに綺麗でした。

ちなみに、手に持たれている小物は
新作の『夏数寄屋袋/総紗縫』、でした。

<<前の記事   次の記事>>

検索

LINE@はじめました
友だち追加

最近の投稿

  • 2021年6月14日 18:30
    三重紗vs二重紗
    なんとか織り続けれないかと、試行錯誤してきましたが、終了とな…
  • 2021年6月11日 20:30
    モノづくりの反省
    モノを作っていて、当たり前ですが全部が全部上手くいくことはあ…
  • 2021年6月 9日 12:30
    久々に撮影ができました。
    つくるだけではモチベーションが保てない、そういうわけではあり…
  • 2021年6月 7日 12:30
    クッキー気球尽くし
    CandyCircusの襦袢を制作して、先日ようやく完成。 …
  • 2021年6月 5日 12:30
    紅村帯-続き
    実際に完成したものは、林さんと周りの一部の方だけにご覧頂いた…
五代目日記 一冊目