2017年10月24日 22:03

『仙福屋/絹の名刺入れ』

なんて言うか、ほわっとした感じ。そんな
絹=となみの帯地を使って制作する、京都らしい名刺入れです。

現在2つのパターンを制作しています。
一つはコーティングしたもの。これは帯の色と意匠を全面に前に出すことを考えています。和柄、特に『帯』意匠は洋のデザインにも負けない。そんなつもりで作り始めました。だから、機能面も考えて、コーティングをしています。
こちらは、『カードケース』

もう一つは、絹のまま、帯の風合いをそのまま残す名刺入れです。
上のバージョンよりももっとフワッと考えて、仕事をしている時に懐に入っていて、お客さんの前に出した時。『その名刺入れ変わっていますね〜。』とか、そんな会話になってくれればなぁ〜。そんな感じです。
だから、コーティングもせず、糊や樹脂加工してピシッとよりも、帯の織り上がり、そのままにしています。
こちらは、名前も『絹の名刺入れ』。

4E8C5040-C0B6-40F1-8F6B-8D695AA2279A.jpeg
仙福屋/絹の名刺入れ


今、持ってくださっている方からは、
『その名刺入れ、帯ですか〜へぇー。』みたいなこともあるそうです。

ちなみに私の場合、宣伝・広報活動(苦笑)も兼ねて、
南蛮七宝/紹巴織で作ったものを使うことが多く、
いつも手元にある様にしていました。

が、話の流れで、お客さんにプレゼントすることもあり
(かなり使ったモノであることも)、今は一つもありません(苦笑)。

先日、ある方から言われたことは、
『これが絹じゃなくて、これがほかの素材だったら、
多分もらおう、欲しいって思わないかも・・・。』。

この名刺入れは、絹の柔らかな風合いと、意匠、色が最大のポイント。
さらに、どこかにある気楽さも、この名刺入れの魅力かもしれません。

『絹の織物』というと、敷居が一気に上がってしまうので、
このアイテムはそんな意味で大事にしていきたいです。

また、南蛮七宝のも今度は多目に作っておきますね(笑)。

『仙福屋の絹の名刺入れ』Onlineへのリンクです。
 →http://www.senpukuya.jp/products/list.php?category_id=137

<<前の記事   次の記事>>

検索

LINE@はじめました
友だち追加

最近の投稿

  • 2021年4月27日 12:30
    失敗→総紗縫+α
    南蛮七宝のモノづくりで、最近気になっている色の試験を取ってい…
  • 2021年4月20日 09:45
    襦袢づくり人気
    銅版作家の舟田潤子さんとモノづくりしている『CandyCir…
  • 2021年4月19日 09:30
    作楽『アフリカの渦』完成
    昨年12月から制作していた作楽シリーズの着物がようやく完成。…
  • 2021年4月11日 20:30
    あまみーいろ×南蛮七宝
    今回、いつもとは少し異なった理由で始めたモノづくり。南蛮七宝…
  • 2021年4月 8日 09:00
    今年2回目の奄美
    更新の間隔が空いてしまいました。 昨日までは奄美にいて、昨日…
五代目日記 一冊目