2017年7月27日 23:40

南蛮七宝文様の塵除け。

4日ほど前に書いていた、塵除けの話。
http://www.kyo-tonami.com/godaime2/2017/07/post-100.html

あれだけバタバタしていましたが、なんと予定よりも2日も早く上がってきました。


IMG_1265.jpg
『南蛮七宝文様/塵除け』



まず見た目ですが・・・南蛮七宝なので、柄はもちろんイイです(笑)。
そして、染としては抜染で柄を出し、文様をそのままくっきり出すのでは強すぎる気もしたので、
色を抜き切らない、半抜染で、表現を少し柔らかくしています。


さらにこの生地、紗自体が透け透けです。
半抜染で文様を柔らかくした上に、さらに透け感。
とても文様の出方が今までに無いような雰囲気で仕上がりました。



そして、反物を持った感じが、驚くほど、とにかく軽すぎる。
いつも目の前にある反物を持つときは、『(この巻の太さだったら)これくらいかな?』
『予測』までは大層でなくても、自然にイメージを持ってから、反物を手にします。


今回に関しては、反物を手に取ってから、もう一度目で、持ったの確認したくらい(笑)、
自分の中の想像とは異なっている、軽さです。言葉のイメージとしては、『幽玄』。
そんな単語が頭に浮かびました。



他にも生地として、皺になり難い、非常に薄い、風合いが絹のしっとり感を残している等々、
上から羽織るものとして、利点は沢山あります。
バタバタしてても、今回は作ってよかったな。今はそんな嬉しい気持ちで一杯です。一つの色あたり3反のみが今年制作分ですので、大事に販売していきたいと思います。






<<前の記事   次の記事>>

検索

LINE@はじめました
友だち追加

最近の投稿

五代目日記 一冊目