2017年5月 2日 21:21

光悦月の着姿

メーカーとして、モノづくりをする。販売は問屋向けなので、結ぶ人の顔は見えないし、
アフターサービスも(メーカーとしては)どこに行くか分からない
 →作りっぱなし、売りっぱなし、が以前は業界の常識。


この点は、メーカーとしては残念の気持ちしかない。


それが今はまだ数自体は少ないけれども、画面で(見たいように見えないにしても)見れます。

SNSで『#となみ帯』とタグ検索すると・・・。

 例えば、Instagramでは・・・。
  →https://www.instagram.com/explore/tags/となみ織物/?hl=ja



となみ織物が山盛りUPしている多数の中に、少しだけですがお客さんの着姿も・・・。

目標としては、もっと増やたいと思っていても、

少しでもこんな感じで見れるのは(メーカーとして)うれしい。



織りの帯でも昔と違って、一本あたりの制作数は本当に少し。
その上、個性的な帯となると、メーカーとしても着姿で見ることは本当に少ない。


見たかった、このコーディを見れました。



R0370207.jpg

「唐長文様/光悦月」



元の意匠は、唐長さんの唐紙作品、それから織りで制作した袋帯です。


織りは紹巴織。
緯糸に紬を通し、素朴さと絹の光沢を敢えて抑えてしまう。
月の部分には見た目では想像できない数の色糸を入れて、質感、ぼかし、
空気感を織りで作った、シンプルなお太鼓柄の帯です。



この着姿の主からは、『はじめて値段を聞かずに買ってしまった帯。』

そんなユニークな言葉をいただけました(褒め言葉ですよね 笑)。


着姿を見せていただき、本当にありがとうございます。

<<前の記事   次の記事>>

検索

LINE@はじめました
友だち追加

最近の投稿

五代目日記 一冊目