2020年11月13日 21:00

【南蛮七宝のコート】仙福屋の御召で単衣仕立て

仕立てに出ている反物を見ていて、今年後半、特に目立って人気なのが、仙福屋の御召をつかったコート。御召の柄は色々とあります(数えてはいませんが、おそらくが40柄程度はあります。)、その中で目立つのは南蛮七宝。そして、仕立ては単衣。

L1800033.jpeg

この単衣仕立てというのも着物ルールの単衣とは違って、軽く・持ち運び易いための単衣。例えば、あまり季節は関係なく、大きめのバッグに畳んで入れておいてもイイくらい、の感覚です。

この御召の織りは、経糸を縞に整経、通常よりも筬打ちを細かく入れたモノです。手に持つとかなり薄く(大島紬並です)、でもちゃんと絹織物の質感を感じられ、それでいて軽い。という利点が数多くあります。

今までは、ほとんど着物としての用途だけを中心に見ていた生地。それが上モノ、特に持ち運びにも便利なコートとして、便利でかなりの需要がありそう・・・、そんなことに気づかせて頂きました。

長いこと織ってきた、となみ織物の定番御召ですが、潜んだ可能性に気づくと、またここから新しいモノづくりができそうな気がしています。

<<前の記事   次の記事>>

検索

LINE@はじめました
友だち追加

最近の投稿

  • 2023年1月25日 12:40
    京都の雪の日
    報道通り、京都は久々の大雪。 年に一度積もるどうかの市内で…
  • 2023年1月20日 11:24
    一点物?/作楽のきもの作り
    最近のとなみ織物は、帯着物共に一点物づくりがかなり増えてい…
  • 2023年1月16日 20:00
    雑談コーデ#18
    『御召×ケルティック』 恒例の雑談コーデをアップしました。 …
  • 2023年1月11日 12:42
    作楽羽織/糸入れ
    去年からの続き →https://www.kyo-tonam…
五代目日記 一冊目