2018年10月16日 21:00

10月20日のきものSalonイベントの準備

10月20日きものSalon誌面にも掲載されていた、

スクリーンショット 2018-09-11 13.14.21.jpg

唐長12代目の誠次さん工房でイベントを行います。
最初は唐紙ができる工程と歴史を感じて頂ければ面白いイベントになりそう・・・。
と思っていたのですが、取材を受けた後、段々とイベント内容が盛り沢山になっていき、
現状の形になりました(笑)。

諸事情があって、10名様限定と超少数になってしまったため、
抽選で多くの方が落選になり、申し訳ありません。
また、同じ形か違う形になるかは分かりませんが、なんらかの実施できればとおもいます。

先日打ち合わせをして、イベント当日のタイムスケジュール組んで頂きましたが、
時間的にも結構タイト、さらにスタッフの都合、わたしには何役も回ってきました(笑)。

まあ、唐紙の工程を見て、体験もして頂いて、帯地裂を使った(簡易)懐紙入れも作る。
半日、唐紙と帯地(はちょっと)に囲まれて楽しんで頂ければ、嬉しいです。

ちなみに、懐紙入れ作りは、こんな感じで・・・・。

IMG_0509.jpg

針を使わない、
できる限り制作を簡易にした懐紙入れの準備もほぼ完了です。

<<前の記事   次の記事>>

検索

LINE@はじめました
友だち追加

最近の投稿

  • 2022年11月 8日 12:29
    とにかく積み重ねています
    陶芸家林侑子さんとコラボで制作する紅村帯。 陶芸家 林侑子さ…
  • 2022年11月 5日 13:53
    白総紗/千鳥 #1
    『千鳥/白総紗』の新しい仕上がり 白総紗は、総紗縫を着物の白…
  • 2022年10月31日 18:00
    自分の羽織に一枚
    『角つなぎ文様の御召』 今、手元にある自分の着物を見てみると…
  • 2022年10月28日 12:11
    これは経験なのかな?
    『できると思いますよ。』とあまり疑問に思わず、ある意味安請…
  • 2022年10月27日 17:24
    お手伝い
    当たり前のことかもしれない、ということで、今手伝っているモノ…
五代目日記 一冊目